|住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

中鎖脂肪酸100%MCTオイルと60%のココナッツオイルの違いとは?

人気BEST5

中鎖脂肪酸100%MCTオイルと60%のココナッツオイルの違いとは?

MCTオイルvsココナッツオイル

MCTオイルもココナッツオイルも中鎖脂肪酸油として話題になりました。

  • ココナッツオイルは中鎖脂肪酸の割合が約6割。
  • MTCオイルは中鎖脂肪酸の割合が10割

中鎖脂肪酸の割合が多いほど痩せる?

  • 油をとると、脂が燃えるという画期的なダイエット食。
  • 糖質制限ダイエットでも話題になった「ケトン」が生成されるようになる。

ケトンを出す方法は?

糖質制限ダイエットでケトンを出すには、主食無しでおかずも糖質カットしないと出ないそうです。

炭水化物大好き人間には地獄ですね。

でも、このMCTオイルやココナッツオイルで出やすくなるというのは、そういう意味でダイエット効果を期待してしまいます。

MCTオイルでダイエット?

  • オイルなのでカロリーは高いけどダイエットに良いと評判。
  • 糖質制限ダイエットと組み合わせるとより痩せる(ケトン体質になると、脂肪を燃焼)。

MCTオイルの副作用は?

  • ほとんどの人にとって安全
  • 一部の人で下痢、嘔吐などがある。

MCTオイルの危険性は?

  • 加熱はしないほうが良い(加熱調理する中鎖脂肪酸の多いオイルはココナッツオイルも有名)
  • 糖尿病患者には非推奨

ココナッツオイルでダイエット?

  • ココヤシから作られる油脂をココナッツオイルといいます

ココナッツオイルの成分

  • 100gあたり921kcal
  • タンパク質0g
  • 脂質100g
  • 炭水化物0g
  • ビタミンE0.3mg
ココナッツオイルの脂肪酸の成分
  • 飽和脂肪酸92%
  • ラウリン酸 49.16%
  • カプリル酸  6.09%
  • カプリン酸  5.85%
  • ミスチリン酸 19.42%
  • バルチピン酸 9.12%
  • その他     2.3%

ココナッツオイルの効果

  • 中鎖脂肪酸が約60%のため、消化吸収・代謝がよく脂肪になりにくい。

ココナッツオイルでダイエットする方法

  • 1日3回の摂取と糖質制限を組み合わせると有効(例、ご飯や主食を半分にする)。
  • 腹持ちが良いためお腹が空きにくい。

ココナッツオイルの摂取量

  • 1日3回(1回あたり大さじ1程度)

シリコンバレー式最強の食事式のMCTオイル&ココナッツオイル活用ダイエット方法

  • 朝飯はバターとMTCオイル(又はココナッツオイル)のコーヒーだけ
  • 昼飯は野菜たっぷり、タンパク質たっぷり、脂質たっぷり
  • 夕食は野菜たっぷり、タンパク質たっぷり、脂質たっぷり+少量の糖質(冷や飯などレジスタントスターチ)
  • 間食はバターとMTCオイル(又はココナッツオイル)のコーヒー

シリコンバレー式最強の食事、具体的な食事例

  • 果物は少なく
  • 野菜はたっぷり
  • 炭水化物は冷や飯(レジスタントスターチ)を夕食に少量(睡眠の質があがるそうです)
  • 夕食はランチから6時間以内に食べる。夜8時に食べるなら昼は2時以降に食べるよう調整する。
  • コーヒーOK。バターやMTCオイル(又はココナッツオイル)を入れると吉
  • 良質なオメガ3の脂をたっぷりとる(カロリーは気にしないでOK)

シリコンバレー式最強の食事、食材は?

  • 朝のヨーグルトはダメ。乳製品は基本的に良質なバター。チーズは特にダメ。
  • 鶏肉は良くない。グラスフェッドな牛肉が最強、青魚も良い。
  • 野菜はアスパラ、ブロッコリー、キャベツ、セロリなど。シュウ酸を減らすため火を通す方が良い。きのこ、にんにく、豆類(納豆・醤油・味噌など発酵大豆は除く)は良くない。玉ねぎは夕食だけ。
  • 脂肪はMTCオイル(又はココナッツオイル)、バター、卵黄、アボカド、生のオリーブオイルを推奨。サラダ油はダメ。
  • タンパク質はグラスフェッドの牛肉、ラム、玉子、低水銀の魚(青魚、鮭)、豚。
  • デンプンはカボチャ、さつまいも、人参、白米(冷や飯)が良い。小麦、とうもろこしはダメ。
  • 果物はベリー、アボカド、レモン、みかん、パイン、リンゴ。夜に少量だけ推奨。レーズンやドライフルーツはダメ。
  • 調理法は生か茹でる、焦げるように焼くなど高温調理は良くない。揚げるは最悪。

シリコンバレー式最強の食事、運動は?

  • 20分以内の運動を週に1回だけ。30秒走る→90秒歩くを15分など。空腹時にやるのがいい。

運動は毎日しない、週に1回だけの方がいいという衝撃の内容。食事で筋トレ的な事も書いてあり、食事だけで腹筋を割れるそうです。もともと割れてる腹筋が出るということでしょうか。

まとめ

より効率的にダイエットしたい場合はMCTオイル、美容効果や味、加熱料理にも活用したい場合はココナッツオイル。どちらかが良いというよりも、ケースバイケースで使い分けがおすすめですよ。

MCTオイルダイエットはどのやり方が痩せる?最強の食事vsダイエット総選挙2017比較対決

ココナッツオイルはこんな人におすすめ

  • 美容効果も期待してダイエットして痩せたい
  • ココナッツの味や風味が好きで、美味しくダイエットしたい

MCTオイルはこんな人におすすめ

  • より効果的に効率よくケトン体を産生してダイエットして痩せたい
  • ココナッツの味や風味が苦手

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

このページについて問い合わせはこちらへ。お気軽にどうぞ。

お名前 (必須)*ニックネームでも可*

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

添付ファイル(最大10MB)

住まい百貨店モール・投稿者のみに送信され、無関係の第三者へは共有されませんのでご安心ください。

コメントをお寄せください

*