施主支給の住まい百貨店

リフォーム・注文住宅・リノベーション・DIYを応援!

TOTOの危機を救った社長の決断とは?

人気BEST5

TOTOの危機を救った社長の決断とは?
  • バブル経済が崩壊し、不況の深刻化伴い、新築の住宅着工戸数が減少
  • 役員会にもかけないままの突然のリストラ発表。記者会見終了後、真っ青な顔で駆け寄る社員
  • TOTOの将来には暗雲が立ち込めていた

こんにちは!

リフォーム産業新聞連載 「WEBで売る戦略」でおなじみ
キャリア形成促進助成金 IT営業戦略技能導入研修講師在籍の

社員10名以下リフォーム専門の集客マーケティング集団
株式会社リブウェル 住まい百貨店・ローコスト建築倶楽部の田中啓之です。

さて、TOTOというと何を思い浮かべますか?

そう、やっぱ誰もが思うのはトイレ便器ですよね。

もちろん浴室、キッチン、洗面化粧台など住宅設備は非常に人気の日本を代表するメーカーです。

そんな、TOTOに危機があったなんて今でも信じられないのですが、

「黙っていても売り上げが伸びる。この状況はいつしか、TOTO社員からチャレンジスピリットを奪った。」

「社員の意識を大きく変えなければ、TOTOはつぶれてしまう…」

という時代がつい最近にあったのです。

そして、その時の社長の決断が功を奏し、今の成長に至るというわけです。

その決断とは・・・

  • 新築に依存していたTOTOが、リフォーム市場へ殴り込みをかける起死回生の切り札「リモデル」と呼ばれるリフォーム事業への注力
  • ショールームでの商品説明をするアドバイザーの表彰制度を設け、接客技術を競わせた。

という生易しいものだけではありません。

「会社の屋台骨を揺るがすような群発地震が起きており、まず人減らしが先決です。具体的には1千人は減らさないと…」

と、本社で開いた決算発表の記者会見で人員削減に言及した、初のリストラ

このいわばショック療法により社内の空気も一変。
結果として他社からバカにされたTOTOショールームは、
来客でにぎわうようになり、リフォームに関する契約数も増加した。

という成功物語です。

この中での大切な気づきは、

「会社立て直しには営業マンや技術者だけでなく、提携企業や販売代理店、
施工業者も一丸となってくれた。このショールームにあるのは、顧客を思いやり、
顧客の願いを実現するTOTOスピリットです。

私が10年後、15年後、こうありたいと願ったTOTOの姿です」

とあるように、
それは社長の魂でありトップが発信するメッセージ次第で変われるということです。

社長が発信するメッセージは小さな会社ほど有効です。

それが社長が発信するメッセージが成功も失敗も決定します

と、言っても過言ではありません。

つまり、御社も社長が発信するメッセージが変われば会社も変わるのです。
社内も変わる。お客も変わる。あなたも変わる

今、もし変わりたいと思っていたら一番簡単かつ確実なのは社長が魂込めたメッセージを発することです。

引き寄せられるお客も社内のムードも社長しだいで一変します。

京セラならびにKDDIの設立者として知られる企業経営者である稲盛和夫さん。
日本を代表する経営者の一人ですよね。
最近では日航の会長を無給で務め、見事にJALを建て直すことに成功したことで
あまりにも有名ですよね。TOPが変わり、社内が変わり、利益が増える

TOPの発するメッセージの変化で会社が起死回生する一番分かりやすい実例かも知れません。

私も稲盛さんの著書や盛和塾などから多くを学びました。

特に、私自身が身を持って体感している本質は、

人生·仕事の結果=考え方×熱意×能力

です。

(『心を高める、経営を伸ばす』より引用)

能力とは、頭脳のみならず健康や運動神経も含みますが、多分に先天的なものです。

しかし、熱意は、自分の意志で決められます。
この能力と熱意はそれぞれ0点から100点まであり、それが積でかかると考えると、
自分の能力を鼻にかけ、努力を怠った人よりも、
自分には頭抜けた能力がないと思って誰よりも情熱を燃やして努力した人の方が、
はるかに素晴らしい結果を残すことができるのです。

そして、これに考え方が加わります。考え方とは、人間としての生きる姿勢であり、
マイナス100点からプラス100点まであります。
つまり、世をすね、世を恨み、まともな生き様を否定するような生き方をすれば、
マイナスがかかり、人生や仕事の結果は、能力があればあるだけ、
熱意が強ければ強いだけ、大きなマイナスとなります。

素晴らしい考え方、つまり人生哲学を持つか持たないかで、人生は大きく変わってくるのです。

社長の考え方、そしてメッセージを発信する質と量がプラスにもマイナスにも会社の収益を決定しているとも言えるのです。

  • 考え方がマイナスならば、熱意と能力をかけるほどマイナスになってしまう。
  • 能力が低くても考え方と熱意次第で能力の差を凌駕できる
  • 熱意は、自分の意志で決めらる。

もし、より収益を上げたいと思われたならば、社長からメッセージを発信すべきです。

もちろん社内での会議や朝礼、1対1も有効です。

しかし、その際にもっと良いツールがあります。それは実はブログなのです。

ブログの良いところは、

  • いつでもどこでも発信できる
  • 発信したメッセージがよりたくさんの人へ届きやすい
  • 積み重なって資産価値を生む(集客効果として費用対効果は絶大!

という3点。

そして、ブログを書く=自分のメッセージを発信する

ということで、自分を見直す、自己発見の場にもなります。

発信するメッセージを施主が読む、社員が読む、

結果、社長と同調する人がより集まります。

なので、嘘偽りない、本当に心の奥底から魂込めたメッセージを書く必要があります。

  • 何から書いて良いのか分からない。
  • せっかくならば効果のでるやり方で発信したい

そうお思いならば、

実際のリフォーム会社社長で成果実証できた社長ブログ専用のノウハウをお読みください。

下記から無料でお読み頂けます。

社長ブログメールセミナー登録フォーム(無料):http://sumai-100.com/member/entry/e/kVuL44AWS7KaRbFE/

最後に、稲盛さんのコトバをもう1つだけ引用させてください。

成功する人と、そうでない人の差は紙一重だ。成功しない人に熱意がないわけではない。
違いは、粘り強さと忍耐力だ。失敗する人は、壁に行き当たったときに、
体裁のいい口実を見つけて努力をやめてしまう。

  • ブログを書いたけど、効果がなかったので辞めた
  • 忙しいから書けない
  • パソコンが分からないからムリ

理由を出せばいくらでも見つかることでしょう。

あの日、あの時にやってたら・・・

と後悔しても始まりません。

答えはシンプル。ただ一つ。今はじめること。

辛い時こそ笑顔。うまく行った時こそ人に感謝。

この基本のスタンスだけは忘れずに、これからも粘り強さと忍耐力で魂込めたメッセージをお届けしていきます。

是非、この新たにリニューアルした

実際のリフォーム会社社長で成果実証できた社長ブログ専用メールセミナーを今スグに受講して

今日からさっそく熱いメッセージを発信してください!

予言します。あなたは継続で得られる想像を絶する大きな成果に驚くことでしょう。

社長ブログメールセミナー登録フォーム(無料):http://sumai-100.com/member/entry/e/kVuL44AWS7KaRbFE/

いつもありがとうございます。

【リフォーム集客の基本ノウハウをまとめ読み】
株式会社リブウェル田中啓之がリフォーム産業新聞社にて
一年間執筆した連載記事を無料提供します。下記からダウンロードください。
※限定公開※WEBで売る戦略PDF版をダウンロードする(PDFファイル)
http://sumai-100.com/member/file//matome.pdf

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

投稿者について

田中 啓之(株式会社リブウェル)
中小建築会社専門の集客マーケティングアドバイザーの株式会社リブウェル代表取締役社長 田中啓之。10代からMacでネット活用をしてきた経験を活かし、リフォーム業界でWEBを活用したローコスト集客成功の第一人者として各種メディア・業界紙にも掲載。1980年5月2日生まれ。FC東京サポーター。元料理人。130kgから70kg台へダイエットに成功後、順調にリバウンド中・・・
このページについて問い合わせはこちらへ。お気軽にどうぞ。

お名前 (必須)*ニックネームでも可*

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

添付ファイル(最大10MB)

住まい百貨店モール・投稿者のみに送信され、無関係の第三者へは共有されませんのでご安心ください。

コメントをお寄せください

*

Return Top