施主支給の住まい百貨店

リフォーム・注文住宅・リノベーション・DIYを応援!

施主支給ビジネス活用講座

人気BEST5

業者専用ページです。一般・施主様は住まい百貨店TOP

施主支給ビジネス活用講座

施主支給ビジネスとは?

  • 施主支給とは文字通り、施主が建築会社へ材料を支給することを言う。材工分離、つまり材料(商品)と施工を分けることを意味している。
  • 施主支給という手法自体は、リフォーム・注文住宅市場において、決して目新しいスタイルではない。従来よりエアコンやエクステリア商材、照明器具、カーテンなど比較的施工業者から見て分離しやすいカテゴリーにおいては、業者が全てを請け負うのではなく、施主主導で気に入った商品を支給するケースは多く存在した。家電などは大型店の進出以降分離されるケースは多い。ショールーム展示品などの住設機器販売(アウトレット商材)がブームになった数年前も施主支給販売というスタイルをとっていた。
  • 施主支給の根底にある考えは、この材工分離という発想が、インターネットの加速的な普及に伴って、急速に商材も細分化されていくことになる。大きな流れは、エクステリアからインテリアへ、次第に弊社のような水廻り機器を販売する会社が現れることになる。現在では構造材までもが施主支給される時代となっている。

★ポイント★
施主側が施主支給というシクミに先に取り組んでいて、まだ対応する会社が少ないという現状、早めに市場に参入し、今後の拡大時に先手を打つことで将来的に大きな市場をつかめる可能性が広がる。

施主支給ビジネスのメリット

  • システムキッチン・ユニットバスといった、いわゆる「ハコモノ商品」をネットで販売した会社として先駆け的な存在であったために各メディアから注目を浴びる
  • 仕入力がダントツに上がったそれにより、利益率の向上、価格競争になっても負けない力を培うことが出来る
  • ネット業界で最も激戦区とされる「ネット通販」業界で最新のネット技術を学ぶことができる。
  • 開始した当初は「施主支給」というキーワード需要が少なく苦労したが、需要が急増してからは、施主の注目度が高く工事の受注も成約率が高くなる
  • 毎日入金があるため、資金の回転率が上がる(資金繰りが楽になる)

施主支給ビジネスのデメリット

  • 既存顧客に対しても施主支給販売価格で販売しなくてはならない場合がある
  • メーカーや商社、代理店交渉の頻度が大幅に増える

施主支給マーケット

  • IT時代に突入し施主支給される商品はより急速に細分化され、現在では住宅にまつわるあらゆる商品の施主支給販売がネット上で行われている。施主支給販売会社は、弊社が施主支給販売を本格開始した2003年と比較すると相当数増えている。
  • 弊社の調査したデータでシステムキッチンとユニットバスを販売する事業者(個人事業も含む)は188社にも及ぶことがわかった。
  • 近年のトレンドを見ていると、当初は都市圏で盛り上がっていたビジネスモデルが、地方圏にまで波及してきていることが弊社での日々の販売先の変化のなかで体感しているところでもあるのです。事実、Amazonや楽天、Yahoo!など大手サイトや出店でも施主支給ビジネスが活性化してきつつある。
  • 各メーカー側の見解もここにきて変化を見せ始めている。
    2003年の弊社が本格オープンした当初は、ネット販売の安売り業者という印象が強かったが、市場の拡大に伴い各メーカーによりさまざまな意見はあるものの理解を示し始めているというのが現場サイドの印象として受けている。
    ※実際は、施主支給の市場拡大にメーカー自身の対応・理解が追いついていないということが言える。一部進んだ住宅建材最大手メーカーはいよいよ直販をスタートさせている。
  • 2014年4月からの消費税増税により、今後さらなるコスト意識と差別化は避けられない状況、注文住宅・リフォームにおいて施主支給という切り札は特効薬にもなりうる。

施主支給の未来

  • メーカー側も、既存流通を守るという建前はありながらも、毎日無数に増え続けるネット販売会社の統制は難しく、思い切った行動には出ていない。
  • むしろ、業者以上に増え続けている、施主支給を利用するユーザーに注目すべきだと考えている。
  • 一部のハウスメーカーが施主支給販売を開始した現状を考えても今後、住宅は二極化していくことが予想できる。従来型の一式請負モデルと材工分離型の施主支給モデルである。
  • 一部のハウスメーカーでは、構造体(スケルトン)のみを販売し内装(インフィル)は施主が自由に組み立てていけるモデルを考案しているという情報もあり、今後主流になるだろうと予想する住宅設備メーカーもあるほどである。
  • 明らかにいえることは、大手ハウスメーカーの施主支給販売事業開始、メーカー直販の開始も手伝い、需要は今後ますます増え続けマーケットサイズはさらに拡大するだろうということである。

★ポイント★

施主支給を利用するユーザーは、このシクミを知る広がりと比例して拡大傾向にあります。今のうち優位なポジションをつかむことが重要になります。

施主支給がメディアで掲載され注目を集める

  • 新建ハウジング
  • リフォーム産業新聞
  • リフォームを頼める会社が見つかる本
  • リフォームマスター
  • 読売新聞
  • 西日本新聞
  • Car&HOME
  • 産経新聞
  • サンデー毎日

★ポイント★

施主支給がこれから家を建てる、リフォームを検討する前の段階で浸透することにより、さらなる施主支給市場拡大が見込まれます。

施主支給は顧客満足度が非常に高い

  • 施主支給をする、受け入れることで顧客満足度が向上する。これは施主支給自体が、「 自由に選べて安くなる 」という施主自身の望む方向だからである。
  • 施主支給を行う施主は、こだわりが強い傾向にあり、自己責任のもと慎重に、こだわりぬいて選んだ商品が、自分の家に取り付けられることで、感動的な満足を与えられているものと推測する。
  • お客様からいただく数多くの施主支給に対しての喜びの声がその証拠だと認識している。

★ポイント★

お客様からアンケートをとると、実に90%近くが満足される結果となっています。結果、施主からの紹介でさらに施主支給の輪が拡大しています。

施主支給による差別化

施主支給をする、受け入れることで施主に対して大きな差別化要素となる。施主支給を利用したい施主は、施主支給を快く受け入れてくれる建築会社を望むが、実際にはそのような会社は非常にまれであり、快く相談から受け入れてくれる会社に結果として材工一式で依頼するケースも少なくない。

  • 差別化要素
  • 施主支給する商品を通販する
  • 住宅設備・建材を御社で販売をすること
  • 施主支給する商品を用いた工事を受け付ける
  • 施主支給品を快く受け入れ工事をすること

施主支給はローリスク・ハイリターン

  • 無在庫
    • 商品はメーカー直送OK!だから在庫不要!無駄なリスクが無い!
  • 無店舗 
    • インターネット通販だから実店舗不要!運営コストが安い!
  • 未収0
    • 注文時に全額先払いで回収可能!だから未収金0円!
  • 売上増
    • 既存の事業を活性化しながら、施主支給でさらに売上増加!
  • 利益増
    • 物販で仕入がさらに安くなる。施主支給でさらに利益増加!

★ポイント★

施主支給ノウハウを参考に正しい知識で実践頂くことで施主支給は他を圧倒する大きなメリットが得られます。

尻上がりに増え続ける収益

  • 施主支給ビジネスはインターネットのマーケティングノウハウをダイレクトに活用することで収益を最大化できる。これはマンパワーによる足し算の営業ではなく、掛け算のパワーと再投資のサイクルで善循環に入ることで爆発的な加速度を持って事業発展できる可能性を秘めている。いかにそのタイミングまで粘り強く継続できるかが勝敗の分かれ目。そのためにはデータと現場の両輪をバランスよくまわす必要がある。

施主支給で既存事業の活性化

  • 施主支給ビジネスがもたらす大きな副産物、それは集客力が大きなメリットの一つ。会員登録、お問い合わせ、見積依頼に相談…など多数の施主から引き合いを取ることがリフォーム市場に比べてはるかに容易にできる。
  • 集客される顧客リストへ継続的かつ正しいフォローアップを続けられれば自社商圏の施工希望の施主へは、工事サービスを提供可能となり、既存事業を活性化することが可能になる。
  • 物販はしたくない、工事だけしたいという方も「施主支給対応」とすることで他社との差別化が可能。この場合も同様にフロントエンドで会員登録や小冊子などを活用して顧客リスト集めを大量に行い、フォローをし続けることで大きな成果が確実に出せる。

★ポイント★

見込み客をいかに安く早く大量に獲得できるか、そして、その見込み客を有望客に自動的に育て上げるシクミを持てるかはどのビジネスでも共通の活性化必須対策。

施主支給ビジネスを新たな事業の柱に

  • 施主支給ビジネスで住宅設備や建材を通販することで、既存の事業とは別の収益の柱が作れる。これは経営安定化には大きな効力を発揮するだろう。
  • 販売可能な商品の可能性は無限。今あなたが仕入れできる商品を日本全国8000万人以上、そして前世界のインターネットユーザーを対象に通販事業が可能です。

施主支給ビジネスの通販事業活用例

  • –水周り設備機器の通販
  • –エクステリアの通販
  • –照明器具の通販
  • –エアコンの通販
  • –タイルの通販
  • –フローリングの通販
  • –オール電化商材の通販
  • –家具の通販
  • –ガス器具・給湯器の通販
  • –家電の通販
  • –カーテン・ブラインドの通販
  • –雑貨の通販

☆集まる地元の施主へ、御社施工エリア内であればリフォーム工事・注文住宅の新規集客を活用が同時に可能です。

★ポイント★

施主支給ビジネスは通販です。既存の事業と別の収益ラインが確保できます。しかも、今のリソースを増やさずとも実現可能であり、本業も活性化できるやらなければ損する事業です。

また、実際に販売をしない場合でもアフィリエイトのシクミを活用することで完全に自動化した収益化のシクミを取り入れることが可能となり、施主支給の集客と差別化の恩恵を受けながら全国、全世界から新たな収益ラインの確立が可能となっています。

販売可能な商品例

* キッチン

システムキッチン/セクショナルキッチン/ミニキッチン/業務用厨房/造作キッチン/キッチンパネル/キッチン機器/その他

* バス

戸建用ユニットバス/マンション用ユニット/アパート用ユニット/ホテル・病院用ユニットバス/ハーフバス/浴槽/シャワーユニット/サウナ/バス機器/高齢者配慮品/その他

* トイレ

タンクレス便器/ロータンク便器/隅付型便器/便座/車いす対応便器/小便器/トイレ手洗器/トイレ小物/高齢者配慮品/関連器具/その他

* 洗面所

洗面器/洗面化粧台/カウンター洗面/マルチシンク/洗濯パン/小型電気温水器/関連器具/その他

* 輸入家電

ガスクッカー/電気調理器/冷凍冷蔵庫/食洗機/洗濯乾燥機/ワインセラー/その他

* 給湯器

エコキュート/電気温水器/ガス給湯機/石油給湯器/その他

* 内装建材

収納/床材/建具・ドア壁材/階段/無垢材/クロス/クッションフロア/堀座卓/その他

* タイル

内装タイル/外装タイル/水廻り用タイル/床暖房タイル/ガラスブロック/健康床材/その他

* 石材

内装/外装/レンガ/天然石/御影石/人造石材/その他

* エクステリア

テラス/デッキ/カーポート/ベランダ/バルコニー/サンルーム/オーニング/内扉/ガーデンファニチャー/ガーデンアクセサリー/表札/カメラ付きインターホン/その他

* 家具

デスク/本棚/ベッド/ソファ/TVボード/オーディオラック/子ども用机/ダイニングテーブル/カップボード/ドレッサー/その他

* エアコン

壁掛形エアコン/天井埋込形エアコン/壁埋込形エアコン/床置形エアコン/マルチエアコン/床置ダクト形/床置ローボーイ形/その他

* 照明

シャンデリア/インテリアファン/シーリング/キッチンライト/ペンダント/ブラケット/和風照明/浴室灯/アウトドアライト/ダウンライト/スポットライト/スタンド/間接照明/その他

* インテリア内装

カーテン/パネルスクリーン/アルミブラインド/ウッドブラインド/ローマンシェード/ロールスクリーン/

プリーツスクリーン/すだれ/アコーディオンカーテン/アコーディオンスクリーン/パネル間仕切/その他

★ポイント★

得意商品を掲載し、集客の切り口にする。

施主支給ビジネスが集客に強い理由

リフォーム集客の場合

  • –競合が過密
  • –集客コストが高騰している
  • –案件が来ても成約率が低くなる
  • –粗利率がキープしにくい
  • –高度なマーケティング戦略が必要になる
  • –集客成果が出るまで時間がかかる(1~3年)
  • –集客できる絶対量が少ない

施主支給集客の場合

  • –競合が少ない
  • –集客コストがリフォームより圧倒的に安い
  • –案件の成約率が非常に高い
  • –粗利率がキープしやすい
  • –集客しやすさ、改善しやすさがリフォームの10倍以上簡単。
  • –成果が出るまで短時間(1~3カ月)
  • –集客できる絶対量が大量にある

★ポイント★

大手が手を出さない中小だから入れる大量のスキマを狙う!

集客力アップだけじゃない施主支給ビジネスの効果

販売量の増加=仕入力の向上

  • 施主支給ビジネスで住宅設備や建材を通販することにより「より広いエリアへの販売」が可能となり、また材料販売による回転の良さで、「より多くの販売」が可能となる。
  • 既存の事業ではなし得ない「販売量の増加」によるメリットは「仕入力の向上」にある。仕入力が向上、すなわち今の仕入価格より安く仕入れが出来ることになり、既存の事業の「利益アップ」が可能となる。
  • 弊社の例では、システムキッチンが従来45掛けで仕入れていたものが、施主支給による実績から35掛けまで安く仕入れることが可能となった。100万円のキッチンなら、1台当たり10万円もの「利益アップ」となる。

–月1台キッチンを仕入れ・・・ 年120万円利益UP!

–月3台キッチンを仕入れ・・・年360万円利益UP!

  • ホームセンター、家電量販店への対策としても施主支給を利用した仕入力アップは今後の必須要素となるだろう。ポイントはせっかく安く仕入れた商品を安売りしないこと。価格以外の要素を鍛え、磨き上げることに利益を再投資しなくては永遠に価格競争地獄からは抜け出せない。

★ポイント★

施主支給ビジネスは販売量が増えるほど仕入力が増えます。仕入が安くなるほどより多く利益がアップし、集客や差別化、コンテンツ、顧客満足度アップに再投資することでさらに販売しやすくなる好循環に入れます。

施主支給ビジネスの運用

  • 基本販売業務

–お客様からの注文・問い合わせ対応などの基本的作業

  • ページの追加・更新

–新商品の追加や、廃盤品の削除、ブログの更新など

  • 仕入先との交渉

–より良い商品をより安く仕入れるための交渉をします

★ポイント★

訪問したり現場調査を無料で行ったりせず、注文直前まで自動で行列できるようにシカケを作り待つのが基本。そのために必要な準備は多いですが、それ以上に大きなメリットがあります。

施主支給ビジネスの販売フロー

    1. お客様より注文依頼が来ます
      メールやFAXが基本となる。弊社では全額前払いで支払を頂いている。
    2. 内容を確認の上、仕入先へ発注手配をします
      仕入先へメールやFAXで注文依頼し、納期を確認
  • 納期をお客様へ報告します
    納期が確定後にお届け予定日をメールやFAXで連絡。必ず書面で行います。
  • 配送業者より納品し、完了です。
    基本的にメーカー直送となる。そのため各社で販売したり在庫する必要はない。

★ポイント★
通販といっても在庫をかかえたり、リスクを背負うことは一つもありません。全額前入金ならば回収リスクもゼロ。安全にビジネスができます。

業種別の活用例

  • リフォーム店・工務店

–弊社が建築会社で施主支給ビジネスを立ち上げたように、既存の事業に付加するカタチで施主支給ビジネスを立ち上げて見てください。

–販売実績はダイレクトの仕入価格を下げ、今と同じ価格で既存事業の利益を向上することができ、価格競争に打ち勝つ力もつきます。

–施主支給の案件から工事会社未決定の施主へは、自社施工エリアならば高い確率で工事も受注可能です。

–他社との差別化要素として、施主支給ビジネスの活用が可能です。施主支給を受け入れる、施主支給を応援するという立場は、検討者の味方となります。

  • 不動産業

–新たな収益ラインの一つとして、施主支給ビジネスを立ち上げましょう。住宅設備などを通販することにより、顧客リストもより多く獲得できます。

  • 建築士・設計士

–新規顧客を獲得する集客改善としても施主支給はおすすめです。通販事業による大きなネット集客力は、新規顧客獲得には非常に大きな力となります。

  • 専門工事業者

–下請けから元請けへの転換。新規事業としての新たな収益源+新規顧客集客リスト集めにも活用できます。

★ポイント★

共通していることは施主支給を切り口にしたローコストで低リスクでハイリターンな集客。集まる顧客リストをどう料理するかが各社の腕の見せどころになります。

施主支給業者のタイプ

  • 1次店運営型

–一次店(特約店レベル)が運営。
市場価格を乱すような表示はないことが多い。

  • 元請運営型
【関連リンク】  リフォーム店のネット集客ノウハウ総集編

–工務店やリフォーム会社が主に運営。
チラシと同程度の価格表示にとどまっている。
(材工で契約)

  • 完全材料支給型

–価格非公開・極度に安い割引率で掲載。

(元請は別に存在)

家電量販型

–大手家電量販店が運営。専用品番で破格値表示。

★ポイント★

主に4つのタイプに分類されます。原則、地域エリア内で材工の対応ができるカタチがベスト。あなたはどのタイプに属しますか?是非確認してみてください。

施主支給ビジネスに必要な設備

  • インターネット回線

–ブロードバンド回線(ADSL/光ファイバーなど)

  • パソコン

–インターネットでホームページが普通に見れる程度のスペック

  • ネットショップ

–販売を行う店舗にあたる、インターネット上のお店

  • 楽天市場やAmazonでの販売、無料化を発表したYahoo!ショッピング、LINEや独自店舗など可能性は無限大です。
  • ネットショップ(ECサイト)上から通販収益を確保しながら地元施主の集客が同時に可能なのは施主支給ビジネスだからこそ可能なのです。新たな収益ラインの確保をしながら本業活性化をご体感ください。

★ポイント★

必要な設備は驚くほど低コストで集まります。極端な話、iPhone一台だけで起業できるほどです。無理にコストをかける必要はありません。まずはスタート!

ターゲットとなる施主の違い

  • ポイントは顧客属性にある。施主支給ビジネスでは大まかに分けて二つの収益モデルがあり、ひとつが施主支給販売による収益モデル。もう一つがリフォーム・注文住宅請負による収益モデル。実は、それぞれの収益モデルでの顧客層は全く異なる。
  • 弊社で行っている物販事業におけるおもな顧客属性は、上記の図でわかるとおり、ハウスメーカー住宅層、つまり、施主支給開始前のリフォーム・注文住宅事業とはバッティングすることがなかった市場である。
  • 一方、ハウスメーカーより下段の層で施主支給依頼が発生する場合、工事業者切り替え可能な層となる。つまり、材(商品)を切り口に、結果的に材工一括請負となるケースの確率が高い。

★ポイント★

ターゲットごとに明確な戦略と戦術を用いることでより高い効果を発揮します。

施主支給から工事案件へのフローとは?

    1. キッチンリフォームを検討
    2. システムキッチンの情報を検索している時に施主支給を知る、施主支給をしたいと考える
  • 工事会社に相談すると良い返事がもらえる会社がない
  • せっかくなら自分で選んだ商品を施主支給でリフォームしたいと悩む
  • 施主支給のお店でリフォーム工事もできないか「お願い」をする
  • 対応可能な工事・地域であれば材工一式で依頼する

『施主支給』⇒『新築案件・リフォーム案件』

  • ニトリやIKEAと同じ材(商品)にフックをかけて、工事も同時に拾う『商品ニーズ』である
  • 施主支給という注文住宅層もリフォーム検討者層も大量に集まる玉石混交の集客の渦に、 施工メニューを掲載できる仕組みが作れれば、リフォーム・注文住宅が通販になる
  • 現在『住まい百貨店モール』という、 施主支給サイトでは最大規模となる、ショッピングモールを展開しておりますが、 リフォームできる中小建築会社が大半
  • 膨大なアクセスから施工付で受注する仕組みを強化し、 施主支給(商品の通販)が結果としてリフォームを獲得する(リフォーム通販) モデルが構築できる
  • リフォーム市場では考えられない大量の施主層に、 施主支給を切り口とした巨大な面で集客をかけ、 自社施工エリア外の物販希望者(注文住宅層)に商品を販売し、自社商圏のリフォーム検討者へはダイレクトに材工リフォームのメニューも同時に公開できる
  • ひとつの集客コストで、2倍も3倍も効果的な革命的な集客モデルになる

施主支給を切り口にして集客力が大幅に増加!その集客力をダイレクトに自社工事へ反映し結果として「材工一式」の受注が増える!

今すぐローリスクに即効性ある施主支給ビジネスを始める3STEP

  1. 施主支給の専門ブログを立ち上げる
  2. おすすめの住宅設備や建材の紹介、レビュー、購入先を記事に投稿する
  3. 地元のターゲット客は自社ホームページへ、その他は紹介をして紹介手数料を獲得する

【施主支給ビジネス】集客増大&新収益ライン確立する方法:http://sumai-100.com/pro/shukyaku/post-36232/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

このページについて問い合わせはこちらへ。お気軽にどうぞ。

お名前 (必須)*ニックネームでも可*

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

添付ファイル(最大10MB)

住まい百貨店モール・投稿者のみに送信され、無関係の第三者へは共有されませんのでご安心ください。

コメントをお寄せください

*