住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

利益は消費せず浪費せず「投資」せよ

利益は消費せず浪費せず「投資」せよ

【PR】トクラス人造大理石キッチンで安くリフォームしたい方はこちら システムキッチンの販売施工

【PR】貰いそびれている火災保険金を受け取りませんか?台風・大雪・地震の物件被害調査プログラム

そのお金、本当に投資ですか?消費・浪費してませんか?

  • 消費=お金を使って何も生み出さない行為
  • 浪費=お金を使った以上に損をする事
  • 投資=お金を使った以上の価値を得ること

つまり、仕入コストダウンによる利益アップは以下のような明確な目的とGoalを描いた上で「投資」することが大切になります。

利益の投資案

  • 仕入コストダウンによる利益アップを「スタッフに還元」してより良い技術や能力、お客様から感謝いただけるような対応をしてもらう
  • 仕入コストダウンによる利益アップを「自社サイトのコンテンツ作成に投資」して、役立つ情報提供でOB客の満足を高めると同時に新規集客をより低コストで安定した資産を築く
  • 仕入コストダウンによる利益アップを「サプライズプレゼント」に利用して、お客様へ感動を与える
  • 仕入コストダウンによる利益アップを「USP(独自の強みや特長)を磨く」ことに投資して、ライバル他社と圧倒的な差別化を実現する
  • 仕入コストダウンによる利益アップを「地元地域に貢献」に投資して、地域で強力なブランド力と地域一流店としての盤石な基盤を作る

自社が儲かるほどお客様も儲かる、感謝して頂く事が利益に直結

毎月チラシに50万かけても撒いたその時だけしか効果はありません。もちろん収益になるならば必要なのですが、仮にホームページを50万かけて価値あるコンテンツを作ったならば永続的な価値ある資産となり、累積では莫大な収益をもたらすことになります。その効果を信じてやりきれるかが5年、10年後の未来を左右します。

何より、この収益を上げた結果としてどのような事を実現したいのか?という矛先が自分の私腹を肥やすためなのか、お客様のためなのか、これが一番大きな差になります。

自社が儲かるほどお客様も儲かる、感謝して頂く事が利益に直結するということです。

仕入コストダウンを賢く投資して、安定した経営でアフターサービスを継続する事もお客様のためになる

これらの結果、顧客満足が最大化すると現代のSNSが発達した世界ではどのようなことが起こるでしょうか?

  • お客様が営業マンの代わりとなり新規顧客をつれてくる
  • お客様が自身のブログやSNSで良い口コミを書いて新規顧客をつれてくる
  • お客様が笑顔になればスタッフも社長も笑顔になり気持ち良い商売ができる

つまり、仕入コストダウンをキッカケにして利益アップをすることが、顧客満足の最大化につながり、地元客の生涯顧客化と安定した集客体制の構築、引いては新たな収益ラインの確保にもつながるというワケです。

新規集客にかかる無駄なコストが激減し、さらなる収益の向上ができる

結果としてより多くの収益がより多くの有効な投資に活用され、地域に無くてはならない存在、お客さんは待っていても行列、客を選ぶのはお店側という体制ができ、ミスマッチ客に頭を下げて営業しお互い不幸になることもなく、お互いがハッピーな繋がりをもてる「本当のお客」とだけお付き合いができる、というワケです。

もちろん、結果は結果、損して結果として浪費になってしまった事もあるでしょう。しかしココで大切なのは「投資」するという心構えと「気持ち」にあります。

御社が儲かる事は悪ですか?

「動機善なりや、私心なかりしか」という言葉を経営者ならば聞いたことがあるかと思います。そうです、稲盛和夫さんの言葉です。参照:京セラフィロソフィ

「世のため人のために尽くそうという純粋な気持ち」であるならば、利益を上げて儲けることは世のため人のためになる「善」なのです。

株式会社リブウェルでは住まいづくりの作り手と住まい手の双方に貢献するサービスを提供しています

わかっていても実際に行動するとなると・・・そうなんです、「行動しなくては何も変わらない」のが現実。私も貢献させて頂く気持ちで実践を繰り返しては、結果が伴わない事も多いのですが、結果は結果、失敗も成功もどう意味づけるかだけの話だったりします。まずは実行。はじめの一歩を踏み出してから考えても遅くはありません。

Return Top