住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

旭化成建材だけじゃないマンション傾斜問題を考える

旭化成建材だけじゃないマンション傾斜問題を考える

【PR】トクラス人造大理石キッチンで安くリフォームしたい方はこちら システムキッチンの販売施工

【PR】貰いそびれている火災保険金を受け取りませんか?台風・大雪・地震の物件被害調査プログラム

パークシティLaLa横浜以外はどこのマンションなのか?

という点はまだこれからということでしょうか。旭化成建材が元請けではなく下請け、孫請けというケースなので、調べるにも分かりづらいですよね^^;引き続き調査します。

それにしても各物件の名前は難しければ元請けの会社名が分かると少し進展できそうな気がします。

マンション傾斜問題ついて大工さんのご意見

業界裏話的なお話になりますが、私の職業柄、いろんな住宅・建築・建設業界の方から情報が入ってきます。昨日はとある大工さんからマンション傾斜問題について教えて頂いた事を共有したいと思います。

  • こういう現場は納期優先でやってるから起こってもおかしくない。間に合ってなくてもケツが決まってるから現場はちゃんとやりたくても出来ない状態にあるんだよ。
  • 実際の現場の本当の詳細は上(元請け)は把握できてない。
  • 俺はやらないが工期や無理な予算でやらされると釘3本を2本にせざるを得ない現場もある。でないと食えない。そんなレベルの現場もある。
  • ハウスメーカーに大工はいない、現場も知らない、キレイなショールームとコマーシャルで高いかねとって、結局安くやるのは俺らなんだよ(大工さん)

という衝撃的なお話でした。横浜市のマンション傾斜問題は旭化成建材だけじゃなく、他にも大きな問題があるように思います。

事実、私も経験がありますが、この業界は未だにエンドユーザーを無視した旧態依然のところがまだまだあります。

このアンケートの結果を見ても明らかなのは業界全体に向けられた不信の目。

f:id:tanaboo:20151020183806j:plain

※2015年10月20日現在のアンケート結果です。>>最新の結果・投票はこちら

調査:住まい百貨店

なんで販売会社は出てこないの?

この記事にありますように「建築物の瑕疵(かし)責任は建設会社だけが問われることが多い。消費者は建設業者を選べないのだから、建設業者を選ぶ販売会社の責任をより重くする法整備があってもいい」ということには賛成です。

極論、伝票だけの中間マージンで丸投げして利益をとっておきながら、最終的に現場で何かあったら知らんぷり。今回の件に限っていて場、間違いなくそうさせた影響力を元請けにあることは間違いないはず。何よりは購入者、居住者を無視する仕組み、システム、考え方、発想事態に大きな欠陥があるように感じます。

一番大切な人が一番ないがしろにされている

現場で真面目に働く職人さん、一生に一度の大切な買い物となる住まいを大金かけて手にするエンドユーザーが一番大切にしなくてはならないはず。根本的な仕組みを変えなくては、今後も起こりうるだけでなく、今この仕組みの中で他のマンションや建物、学校も疑いの眼差しで見てしまうことは避けられません。

マンション傾斜問題のこれからを考える

耐震偽装のニュースで大問題になった建設・建築業界の偽装問題。今後、二度と繰り返さないためにもキチンとした事実関係の確認、そして再発防止のための仕組みそのものの根本的解決を望みます。

本当の末端で現場にいる人、そして何よりはその住まいに暮らす人の目線で見て、本当にあるべき業界の理想を再度掲げて目指していかねばと感じました。

無駄な中間マージンは極力排除することはもちろんですが、大手の良さという意味でブランドや信頼、保証力や対応についてなどは学び、小さくても個性的、本当に住まう人のことを考えてくれる地域密着の大工さんが直接つながれるようなプラットフォームが必要になってきたと感じます。

事実、住まい百貨店でもそのような住まい手と作り手の架け橋となるプラットフォームを目指していますがもっともっと末端の人の声を届けたい、そう痛感しました。

施主支給の住まい百貨店 - 注文住宅・リフォームを施主支給でコストダウン!

全ての大手やハウスメーカーが悪いということではありませんが、今回のマンション傾斜問題にしても、犯人探しではなく、そうなってしまった根本の解決、そしてそうならないための仕組みについて、もう少し深く考えて、この機会に全体が改善に繋がる良い機会となればと思います。

このマンション傾斜問題は氷山の一角なのかも知れませんが、蓋をせずにオープンに、何より本質を見失わずに取り組んで行きたいと思います。今後も様々な視点での意見を紹介し、一緒に考えていきたいと思います。ありがとうございました。

全3040件(うち41件がデータの改ざんに関わった現場の施工管理者が担当)

詳細はこちら:http://tanaboo.hatenablog.com/entry/2015/10/22/210212 

  • マンション傾斜問題の建物の種類別一覧
  • パークシティLaLa横浜以外はどこのマンションなのか?

  • マンション傾斜問題は誰のせいなのか?

  • 再発防止できるの?今後は?

  • 現場から購入者には聞こえないの生の声とは?

  • マンション傾斜 「工期のためなら突貫工事」“厳守は絶対”立場弱い下請け

  • なんで販売会社は出てこないの?

  • 一番大切な人が一番ないがしろにされている

  • ダイナウィング工法とは?

  • 元請けの三井住友建設の設計にも問題はなかったのか

  • 大手だから信頼できる、安心できる時代は終焉

  • 1次下請け、2次下請けって必要あるの? 

  • 横浜市マンション傾斜問題に関するニュースやピックアップ情報リンクまとめ
  • 施主支給ファイル無料ダウンロード
 

投稿者について

株式会社リブウェル代表取締役社長田中 啓之

中小建築会社専門の集客マーケティングアドバイザーの株式会社リブウェル代表取締役社長 田中啓之。一歳児の父で社長兼業主夫。惣菜屋⇒リフォーム屋⇒Web屋のノウハウを活用した節約弁当・レシピ・ダイエット・IT関連情報を発信中!

Return Top