住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

資金計画 新築一戸建て編

http://image.blog.livedoor.jp/tanablog/imgs/c/3/c3affc40.jpg

新築の場合、頭金2割だと満足できる一戸建てが建たないことも。
マイホームを手に入れるのに用意するのは、頭金2割と諸費用分。
そう思っていると、失敗するケースがあります。

マンションの場合はなんとかなっても、一戸建ての場合、土地購入に多く配分してしまうと、理想の家が建てられなくなるケースがあるのです。

そうなる原因は、注文住宅の場合、着手金や中間金などが必要となることが多いのに、それを予定していないから。
手元の現金が大幅に減ってしまうことになり、予定と違ってしまいます。

住宅ローンでまとめて払おうと思っても、住宅ローンは住宅が竣工しないと下りない、つまり、建築中に下りるわけではありません。

つなぎ融資を利用する手はありますが、住宅ローンが下りることが確定していないと借りられませんし、抵当権の設定がない分、金利が高めになってしまいます。
自分にあった物件の予算をはじき出しておきましょう。

1、着実に返していけるローン借入額はいくらなのかを家計とのバランスで計算しましょう。。教育費、老後準備など、貯蓄に回す分も考慮に入れましょう。

2、すでに貯めたマイホーム資金はいくらかを算出しましょう。

3、両親から援助がある場合、金額はいくらかを計算に入れましょう。

上記の3つを合計したものから…、

●契約から引渡し後までの全段階での諸費用を差し引きます。
それが、自分にあった物件の予算となります。


資金計画をした上で、予算内でできる限り良い住まいを手に入れましょう。
施主支給はそのコストダウンの一つの手法です。



Return Top