住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

システムキッチンの選び方

FX010_L

施主支給で注文住宅・キッチンリフォームをする際に、システムキッチンと言っても、グレードはいろいろありますよね。
手頃な価格の簡易型と、少し高価ですが自由なレイアウトが実現できる部材型がありますので、簡単に解説します。

簡易型
ある程度用意されたパターンの中から選ぶ方法です。
扉のカラーやシンクの形が複数ラインアップされている他、間口も150ミリモジュールサイズで1500から3000ミリ程度まで揃えているものが多いようです。

また、ニースペース付や調理加熱部分が一段下がっているなど、高齢者に配慮したタイプも用意されています。


【車椅子でも炊事できるニースペース付】
機器類もバリエーションが豊か。IHクッキングヒーターや食器洗い乾燥機などのオプションも多彩にそろっています。


部材型

シンクやビルトイン機器など、さまざまパーツが組み込めます。
扉材などのバリエーションは豊富。収納パーツはかなり小さな隙間でも対応できます。L、D、K、さらにはユーティリティまで、住む人の生活シーンに合わせてトータルに設計・提案できるタイプです。


いずれも、費用の注意点として、キッチンリフォームの場合には既存キッチンの解体費用、取り付け費、ガス・水道・電気工事費などがかかることを忘れずに。また、メーカーやシリーズごとに割引率が大きくことなり、メーカーによっては60%OFFなんて言う商品もありますが定価が高かったり、20%OFFという商品であっても、実は定価が安かったりまちまちです。

最終的に支払う金額に対しての「価値」を冷静に判断する必要があります。



施主支給のススメ
施主支給のススメでは、施主支給に関する疑問・質問を募集中。
詳しくは下記からお気軽にお問い合わせください。

施主支給無料相談
Return Top