住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

システムキッチンの高さを決める方程式

http://image.blog.livedoor.jp/tanablog/imgs/3/f/3f28e9d8.jpg システムキッチンの最適な高さはどのような基準で考えればいいでしょうか? JIS規格では、ワークトップの高さは80cm、85cm、90cm、95cmの4種類となっています。標準的な製品では、85cmを中心に80cmから90cmまで調整が可能なキッチンが多いようです。 ココで、「システムキッチンの高さを決める方程式」を伝授。 使いやすい高さの目安は、【身長÷2+5cm】 の計算式で求めることができます。 例えば身長160cmの奥様の場合、160÷2=80cm +5cmですから「85cm」が最適となります。身長の半分に+5センチと覚えれば簡単ですね。 ワークトップの奥行きについては、60cmから75cmまで、ペニンシュラ型になると100cm以上のものもあります。ワークトップの種類はステンレス、タイル大理石、人造大理石などから好みで選べます。 といっても、実物を見て体感するのが一番です。 実際に高さを調整して検討できるコーナーがあるショールームもありますよ。
施主支給のススメ 施主支給のススメでは、施主支給に関する疑問・質問を募集中。 詳しくは下記からお気軽にお問い合わせください。 ↓より良い住まいをより安く建てたい方の相談をお待ちしております↓ 施主支給無料相談
Return Top