住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

ガス式給湯器と電気式エコキュート 総括

2日間においてガス式給湯器と電気式エコキュートのことについてお話しさせていただきました。

 

 

それぞれ特徴がありましたが、恐らくいったいどっちがいいの?

 

ということを聞きたいのですよね。

 

 

では、おさらいも兼ねて簡単に比較をしてみましょう。

(ガス給湯器はエコジューズとします。)

 

 

 

まず、どちらもエコと言うことで気になる環境へのやさしさですが、CO2排出量はほぼ同じです。

 

ガスなのにほぼ同じと言うのはすごいですよね。

 

 

次に通常より急に多くのお湯を使うことになった場合。

 

例えば子供夫婦一家が泊まりにきて、シャワーをたくさん使うことになった、というケースなどです。

 

 

ガス給湯器は瞬間式なので、清潔なお湯を好きなだけ使えますがエコキュートは2人家族用のタンクですと、途中で溜めておいたお湯がなくなるということもあります。

 

もちろん昼間でもお湯を溜められますが、時間はかかってしまいます。

 

 

では、同時使用の場合はどうでしょうか?

 

ガス給湯器は、給湯能力が大きいのであれば、同時使用でも問題なく使えます。

 

エコキュートはシャワーが弱いと言われてますが、最近では高圧型やパワフル給湯型というエコキュートもありますので、このタイプであれば2箇所同時給湯の場合でも快適に使えます。

 

 

次は機器の大きさです。

 

ガス給湯器はエコキュートに比べて大きさは約1/10くらいです。

 

エコキュートはお湯を溜めるタンクがあり、またエアコンの室外機のような機器があり、この2つでエコキュートの本体となります。

 

設置にはある程度の広さが必要となります。

 

 

緊急時のときはどうなるでしょうか?

 

エコキュートは停電になった場合でも、貯湯ユニットにお湯が残っていれば、シャワーや水栓からお湯が出てきます。

 

ガス給湯器の場合は、ガスが止まったらお手上げです。

 

また電気で着火をしてますので、例えガスが開通していても停電状態ですと火を点けられませんので動きません。

 

 

 

最後にコスト面です。

 

実はトータルコストはあまり変わらないケースが多いです。

 

エコキュートは月々のランニングコストが安いのですが、設置に伴うイニシャルコストが高いですね。

 

 

いかがでしょうか?

 

エコキュートは新商品が出てくる頻度が多く、また商品により一概に上記の通りとはならない場合もありますが、概ねような感じになります。

 

 

住まい百貨店のお客様の場合、新築の方はエコキュートにされる方が多いです。

 

オール電化住宅にして家中のお湯はエコキュートにして、太陽光を屋根に設置する、という方が増えてきました。

 

 

震災後の復旧はガスは日数がかかり、電気の方が早く復旧すると聞きます。

 

ただ電気に関しては、今後原発がどうなるか、などの問題もありますよね。

 

 

さあ、悩むところです。

 

あなたはどちらにしますか。

 

どちらかにしなければならない、と言うことはもちろんありません。

 

電気とガスをうまく使い分けている方も多いのです。

 

 

ガス給湯器もエコキュートも住まい百貨店へ。

 

施主支給の老舗住まい百貨店はこちらです。

Return Top