住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

価格を比較してシステムキッチンを選びましょう。

システムキッチンの価格を比較して、各メーカーのどのシステムキッチンにするかを決めることは、とても重要なことです。

 

価格比較する際のコツは、定価だけでなく相場の割引率も予め頭に入れておいてプランを作るのもオススメです。

 

システムキッチンの価格を比較される場合は、

 

3つの注意点があります。

  1. 定価に惑わされない
  2. 価格が大きくかわるのは実は扉グレード
  3. オプション品は割引率が違う場合がある

という3点を注意して、価格比較しましょう。

  1. ほしいキッチンを決める
  2. 定価と割引率で概算を計算する
  3. キッチンメーカーのショールームで定価見積もりをする
  4. 施主支給会社に見積依頼をして、価格を比較する

という流れです。

メーカーショールームでは値段は定価しか分かりませんので事前に割引率をオプションまで調べた上でプランを立てると予算にずれが少なくなります。

 

ちなみに、メーカー施工費(組み立て設置工事費)がメーカー見積書に入っている場合がありますが、定価の15%など一律の

 

掛け率の場合が多いので、実際の提供価格はそれよりお安くなる場合が多くあります。
(実際は定価の10%弱程度が多いようです)

 

そのあたりまで含めて、詳細なプランを立てて最終価格を比較されるとよいでしょう。

 

 

システムキッチン・システムバスを施主支給する場合は
特に施工について注意が必要です。
事前に建築会社さんへ確認・了承を得てから進めましょう。
また、万が一のトラブルがあった場合もすぐに対応してもらえるように、建築知識、実績のある施主支給ショップでお買い求め頂くことは最低限必要なことです。
ただ安いだけで、一番安いから決めた、では、後から問題が起こる可能性がある、ということも聞いてます。
しっかりと慎重に施主支給会社選びはしてください。

システムキッチンのメーカーが決まったら、次は施主支給の見積もりを取りましょう。

 

施主支給実績日本No.1の住まい百貨店へどうぞ。

Return Top