住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

スマートホームにリフォームすると生活はどうなる?

スマートホームにリフォームすると生活はどうなる?

【PR】トクラス人造大理石キッチンで安くリフォームしたい方はこちら システムキッチンの販売施工

【PR】貰いそびれている火災保険金を受け取りませんか?台風・大雪・地震の物件被害調査プログラム

鍵を開ける、こたつ入れる、好みのテレビ番組に切り替えるが自動に

築20年のマンションをスマートホームにしたら共働き夫婦の生活がこう変わった!という記事を読みました。自宅をスマートホーム化し、次のような動作が半自動化されるそうです。

「鍵をカバンから取り出す」→「玄関ドアの鍵穴に挿して回す」→「玄関の電気を点ける」→「リビング&ダイニングの電気を点ける」→「コタツの電源を付ける」→「テレビのリモコンを探してテレビを付ける」→「チャンネルボタンを数秒ごとに押す」引用:https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column/newtech/1100833.html

これからスマートホーム化が進めば便利になる?

昔はテレビのチャンネルを切り替える時にリモコンではなかった、今では考えられないですが、当時は当たり前だったことが今ではありえないことってありますよね。スマートホームになることで、自動化された住宅に住むことになれてしまうと、きっと元のスタイルには戻れなくなる気がします。

実際に、トイレの便器のふたも自動で開くことになれてしまうと、公衆トイレで思わず「開くのを待つ」なんてこともあります。また、料理でも自動で調理ができるホットクックなどがありますが、これらの調理器具とも連動して、半自動で調理やいずれは野菜の栽培、収穫、調理まで自動化されるなんてことも想像できます。

スマートホームのセキュリティは?

リスクとして考えられるのはハッキングです。どんなに優れた仕組みでも、外部からハッキングされたり、ウイルスで制御がおかしくなってしまうのは怖いですよね。今でさえスマホやパソコンのセキュリティ問題が起きている中で、生活家電や命に関わるスマートホームの便利機能はリスクもつきもの。

まずは万が一でも重大な事故にならないちょっとしたところからスマートホーム化していくのだと思います。

スマートホームに向けたプラットフォーム争いの激化

ビデオテープ、DVD、標準のプラットフォームに向けた覇権争いはAmazon・Google・LINEなどが競争激化しています。まだまだ進化の途中ですが、どこかのタイミングでこれがスタンダードだ、というプラットフォームが出て来るものと思われます。

パソコン業界で瀕死だったAppleが今の成功を収めることが想像し難かったように、その時の覇者は今では思いつかないような意外なメーカーだったりするのかもしれません。

トヨタ、任天堂、ソフトバンクなど日本企業も大きなチャンスを迎えるかもしれませんね。

今後も注目です。

【50kg痩せた節約ダイエットレシピ集の無料ダウンロード先行受付開始】

134kgから70kg台へ50kg以上痩せた港区芝浦IT社長のダイエットレシピ集を先着優先で無料提供します。登録は無料です。匿名でもOK。お読みいただきお声をお聞かせください。

【先着優先】50kg痩せた節約ダイエットレシピ集の無料ダウンロード先行受付はこちら

【Amazonで知らないと損する非公式ガイドが無料ダウンロードはこちら】

2004年からAmazonのヘビーユーザーである港区芝浦IT社長の田中啓之がお届けするAmazon最安値で買う方法やAmazonアソシエイトで最小の手間で最大の報酬を受取るを無料の非公式ガイドとしてお配りすることにしました。登録は無料です。匿名でもOK。

【先着優先】Amazon最安値で買う方法の非公式ガイドブック無料ダウンロードはこちら

Return Top