住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

ダイキンエコキュートXシリーズは業界トップの省エネ?2月1日発売

◆とりあえずエコ商品を検索してみる方はココをクリック

JN060_72A

ダイキン工業 業界トップの省エネ「エコキュート」を発売
というニュースが入ってきました。

ダイキン工業は、家庭内 エコキュートとして業界トップ(2010年1月20日現在)となるエコキュートダイキンエコキュートXシリーズ」を、2月1日より発売する。APF(年 間給湯効率)3.8を達成し、年間給湯光熱費が14,300円(※)と、同社が2002年に初めて発売したエコキュートに比べて5,000円削減できる。 370リットルと460リットルタイプがあり、全6機種。希望小売価格は、86~98万円(税抜)。

リンク:http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0121&f=business_0121_134.shtml


ということで、エコキュートの中でもトップの省エネ効果とか。

業界の激しい競争で、より省エネなエコキュートが毎年出てきます。

私は東京でスペースなくて、エコキュートはきついですが、エコキュート・ライトというのもあるんですね。


リンク:http://www.tepco-switch.com/living/rent/owner/equip-j.html


「設置しやすいコンパクトサイズ。貯湯タンク容量は、185Lと1~2人に最適サイズ。コンパクトだからワンルームや1LDKにもぴったり。」

ということで見てみたら、それでもデカイ・・・ですね。


国もエコ推進な施策で住宅版エコポイントなどもありますので益々追い風ですが、ガス会社もまだまだガンバってもらわねばなりません。

何のためのエコなのか?ということを念頭により良い住まいをご計画くだい。



◆とりあえずエコ商品を検索してみる方はココをクリック


ちなみに、住設建材百貨店ショッピングモールでは、新規会員登録頂いた方にもれなく300円相当のポイントを進呈してます。

住設建材百貨店ショッピングモールを見てみる



【施主支給について、何をしたらいいかまだ分からないという方へ】

もっと詳しい情報を一度にまとめ読みしたい、という方は施主支給の本を読まれると良いでしょう。PDF書籍が無料ダウンロードができますので、ご登録の上に是非お読みください。
→新築・リフォーム300万円コストダウン!施主支給の本の無料ダウンロードはこちら



【住宅設備・建材を施主支給されたい方へご注意】
住宅設備・建材を施主支給する場合は特に施工について注意が必要です。
事前に建築会社さんへ確認・了承を得てから進めましょう。(詳しくは施主支給の本で詳細説明しています)

また、万が一のトラブルがあった場合もすぐに対応してもらえるように、建築知識、実績のある施主支給ショップ、またより近い施主支給ショップでお買い求め頂くと安心でしょう。



価格メリットばかり追い求めては必ず良い住まいづくりはできません。
安いということの裏側には、それ相応の手間とリスクもあります。
自己判断で、自己責任のもとに施主支給を進めて行きましょう。

 

【どんなものが「施主支給」できるの?】

施主支給の住設・建材百貨店ショッピングモールで取り扱っている商品は以下の通りです。施主支給をして、コストダウンができるといっても、施主が中心に立ち、責任を持って進行する上でも、「自分にとってできる、できない」というところは、本格的に検討する前にある程度線引きされると良いでしょう。

設備機器

  • キッチン
  • バス
  • 洗面化粧台
  • トイレ
  • 給湯器
  • 輸入家電
  • 空調製品
  • その他

内外装建材

  • 内装建材
  • タイル
  • 石材
  • 玄関ドア・引戸
  • 窓・シ
Return Top