住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

住宅版エコポイントの30万円得する!?その適用条件とは

新築・リフォーム300万円コストダウン!施主支給の本の無料ダウンロードはこちら
JN041_72A

1000万も2000万もする住宅で30万円というのは小さな数字に聞こえますが、普段の生活からしたらとても大きいですよね。

30万円を住宅版エコポイントで得したと仮定して、30万円使ったら何ができるでしょうか?

  • 30万円の中古車を1台
  • 10万円のブランド品が3点
  • 5万円のネットブックが6台
  • 3万円の旅行が10回
  • 1万円の美味しい食事が30回
  • 3000円の映画DVDが100本
  • 300円の週刊誌が10年分・・・etc


と想像すると楽しみができますね。
でも大事なのは何のための住宅版エコポイントなのか、というところですよね。 


では、肝心の住宅版エコポイントがどのようにしたら適用できるの?というところですが、日経トレンディのWEBに良い記事がありましたのでご紹介します。

リンク:http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20100122/1030854/?top

記事によればエコ住宅新築エコリフォームバリアフリー改修工事含む)ということで注目すべきポイントは「即時交換が可能」というところ。

例えば、追加工事費にダイレクトにポイントを支払に当てられる、という点です。

今、住まいを検討されている方は、「施主支給で得する×住宅版エコポイントで得する×住設・建材百貨店モールで得する」など複数のお得システムをMIXして検討してみて下さい。

≫≫全国の施主支給ショップが集まる住設建材百貨店モール



それぞれ利用を検討すること自体に価値があると思いますよ。


【施主支給について、何をしたらいいかまだ分からないという方へ】

もっと詳しい情報を一度にまとめ読みしたい、という方は施主支給の本を読まれると良いでしょう。PDF書籍が無料ダウンロードができますので、ご登録の上に是非お読みください。
新築・リフォーム300万円コストダウン!施主支給の本の無料ダウンロードはこちら



【住宅設備・建材を施主支給されたい方へご注意】

住宅設備・建材を施主支給する場合は特に施工について注意が必要です。事前に建築会社さんへ確認・了承を得てから進めましょう。(詳しくは
施主支給の本で詳細説明しています)

また、万が一のトラブルがあった場合もすぐに対応してもらえるように、建築知識、実績のある施主支給ショップ、またより近い施主支給ショップでお買い求め頂くと安心でしょう。

≫≫全国の施主支給ショップが集まる住設建材百貨店モール

価格メリットばかり追い求めては必ず良い住まいづくりはできません。
安いということの裏側には、それ相応の手間とリスクもあります。
自己判断で、自己責任のもとに
施主支給を進めて行きましょう。

【どんなものが「施主支給」できるの?】

施主支給の住設・建材百貨店ショッピングモールで取り扱っている商品は以下の通りです。施主支給をして、コストダウンができるといっても、施主が中心に立ち、責任を持って進行する上でも、「自分にとってできる、できない」というところは、本格的に検討する前にある程度線引きされると良いでしょう。

設備機器

  • キッチン
  • バス
  • 洗面化粧台
  • トイレ
  • 給湯器
  • 輸入家電
  • 空調製品
  • その他

 

内外装建材

  • 内装建材
  • タイル
  • 石材
  • 玄関ドア・引戸
  • 窓・シャッター
  • 外装建材
  • その他

 

インテリア

  • 家具
  • 照明
  • インテリア内装
  • その他

 

エクステリア

  • 門扉・フェンス
  • 玄関まわり
  • 窓まわり
  • テラス・バルコニーまわり
  • 庭まわり
  • 車庫まわり
  • その他

 

その他

  • セキュリティ
  • その他

 

【施主支給を安心して頼めるお店を見つけたい方はこちら】

近くの施主支給会社が見つからない、紹介してほしい、という方は
施主支給無料お店紹介サービスをご利用ください。

又は同時に複数のお店で価格を比較できる住設建材百貨店モールもおすすめです。(ポイントももらえるのでどうせ買うならこっちがお得です)

 

【住宅設備・建材を施主支給してリフォームをしたい場合は?】

工事と材料を別々に発注してリフォームする・・・施主支給deリフォーム


【住宅リフォーム工事会社を探している場合はどうしたらいい?】

取り換え・交換工事などの小規模なリフォームをしたい場合はこちら・・・ローコストリフォーム

提案が必要なリフォームをしたい場合はこちら・・・リフォームスタイル

 

 

より良い住まいをよりローコストで建てる人への応援ブログ

 

Return Top