住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

システムキッチンの割引率・値引き・%OFFと定価の関係~購入価格を左右する重要ポイント~

【警 告】新築・リフォームが300万円安くなる施主支給を安全・安心・安価でトラブルなくするためにご検討に必ずお読みください。こちらから登録すると施主支給読本(定価3000円)がPDF版無料でプレゼントします。(期間限定につきお早めに)
HE138_72A

システムキッチン割引率・値引き・%OFFと定価の関係って各メーカーはもとより商品・シリーズによって、あるいは部材やオプション品によっても変わります。
中には本体が60%OFFなのにオプションは30%OFFとか、仕様によってまちまちなので、注意が必要です。

定価と割引率自体は各社の戦略・流通により決定されるものですが、とりわけタカラスタンダード社は全国どこでも均一に近い金額になっています。
これは定価自体の設定が、そのまま販売価格になるほど「定価が安い」ので差が出にくいということです。
逆にキッチンでない分野ですが異常な設定なのは業務用エアコンや給湯器・エコキュートなどです。
中には80%OFFなど定価の設定ってなに?と思えるほどです。


話をキッチンに戻しますが、システムキッチンは様々な部材で構成されていることはご存じのとおりです。その部材の中では「食器洗い乾燥機」や「IHクッキングヒーター」などは各キッチンメーカーが、家電メーカーから仕入・OEMなどで組み込んでいる場合があります。メーカーブランドをかぶせているだけで中身は違うメーカーが作っていることは普通にあることです。
予算内でもっと良い商品が入る!ともくろみが外れてがっかりしないように、割引率も詳細まで事前に調べておいたうえでメーカーショールームで選定しましょう。

【パナソニック キッチンの割引率のヒント】
パナソニック電工のシステムキッチンは★印がヒントになります。
ココがオプション品の割引率の設定になる目印です。
もちろん、購入されるお店や工事会社さんによっては事なりますので、一度プラン作って見積依頼してみるとつかめます。
そのあとの修正は電話でショールームにお願いすれば訂正プランも無料で作ってもらえますので、何度も足を運ばなくても大丈夫です。


システムキッチンを選ぶポイントは?

システムキッチンと言っても、グレードはいろいろ。
手頃な価格の簡易型と、少し高価ですが自由なレイアウトが実現できる部材型があります。

★簡易型
ある程度用意されたパターンの中から選ぶ方法です。
扉のカラーやシンクの形が複数ラインアップされている他、間口も150ミリモジュールサイズで1500から3000ミリ程度まで揃えているものが多いようです。

また、ニースペース付や調理加熱部分が一段下がっているなど、高齢者に配慮したタイプも用意されています。



■車椅子でも炊事できるニースペース付

機器類もバリエーションが豊か。IHクッキングヒーターや食器洗い乾燥機などのオプションも多彩にそろっています。


★部材型
シンクやビルトイン機器など、さまざまパーツが組み込めます。
扉材などのバリエーションは豊富。収納パーツはかなり小さな隙間でも対応できます。L、D、K、さらにはユーティリティまで、住む人の生活シーンに合わせてトータルに設計・提案できるタイプです。

いずれも、費用の注意点として、既存キッチンの解体費用、
取り付け費、ガス・水道・電気工事費などがかかることを忘れずに。

【システムキッチンを施主支給するポイントとは?】

憧れのキッチンを実現したい!


昔の台所と違って、いまやキッチンは「食を楽しむ」ための空間として位置づけられ、その快適さが追究される ようになっています。

食事を作る時間も含めて快適に楽しんでしまおうという発想ですね。

家族構成やライフスタイルも考慮 しながら、憧れのキッチンを実現しましょう。

【PR】トクラス人造大理石キッチンで安くリフォームしたい方はこちら システムキッチンの販売施工

【PR】貰いそびれている火災保険金を受け取りませんか?台風・大雪・地震の物件被害調査プログラム

【システムキッチン価格比較のコツ】

システムキッチンを価格比較する際のコツは、定価だけでなく相場の割引率も予め頭に入れておいてプランを作るのもオススメです。 相場価格は会員限定で公開しています。会員登録後、ご確認ください。(未公開の商品、新商品などはお調べしますのでお問い合わせください) システムキッチンの価格を比較される場合は、3つの注意点があります。

  1. 定価に惑わされない
  2. 価格が大きくかわるのは実は扉グレード
  3. オプション品は割引率が違う場合がある

という3点を注意して、価格比較しましょう。

  1. ほしいキッチンを決める
  2. 定価と割引率で概算を計算する
  3. メーカーショールームで定価見積もりをする
  4. 施主支給会社に見積依頼をして、価格を比較する

というカタチです。 割引率については各施主支給のお店にオプションによって違うかなどを確認してみましょう。 メーカーショールームでは値段は定価しか分かりませんので、事前に割引率をオプションまで調べた上でプランを立てると予算にずれが少なくなります。 ちなみに、メーカー施工費(組み立て設置工事費)がメーカー見積書に入っている場合がありますが、定価の15%など一律の掛け率の場合が多いので、実際の提供価格はそれよりお安くなる場合が多くあります。 (実際は定価の10%弱程度が多いようです) そのあたりまで含めて、詳細なプランを立てて最終価格を比較されるとよいでしょう。

システムキッチンを施主支給されたい方へご注意】 

システムキッチンを施主支給する場合は特に施工について注意が必要です。事前に建築会社さんへ確認・了承を得てから進めましょう。(詳しくは施主支給の本で詳細説明しています)
また、万が一のトラブルがあった場合もすぐに対応してもらえるように、建築知識、実績のある施主支給ショップ、またより近い施主支給ショップでお買い求め頂くと安心でしょう。
 
≫≫全国の施主支給ショップが集まる住まい百貨店モール

【お見積り・ご相談サービスはこちら】

住まい百貨店と加盟店が情報を内容共有して問題解決に最短対応します。

問い合わせフォームに出来る限り詳しい情報(いつまでに、何を、どこで、どのように)を記入して送信ください。

システムキッチン関連リンクもあわせてチェック

人気キッチンメーカー・ブランド一覧から選ぶ

PanasonicクリナップLIXILタカラスタンダードTOTOトクラストーヨーキッチンハウステックノーリツナスラックウッドワン永大産業ニトリIKEAクチーナCUCINAサンワカンパニーキッチンハウス

 【キッチン価格相場表はこちら】

住まい百貨店が調査した各種キッチンの割引率や最安店情報をPDFにまとめました。無料でダウンロードできます。キッチン選びのご参考にどうぞ。

キッチン価格相場表

今すぐキッチン価格相場表のダウンロード(PDFファイル)!

人気キッチンメーカーアンケート投票&結果はこちら

キッチンを選ぶならどのメーカーにする?

投票するとアンケート結果が表示されます

Loading ... Loading ...

 

Return Top