住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

施主支給で白眉の注目 91年の歴史と新取の気概 産経新聞 『企業の志魂(こころ)』に記事掲載

産経新聞の企業の志魂(こころ)を20年以上執筆し、中小企業でちょっと光る会社と社長を紹介している男が橘三朗先生。
 
中国や日本の歴史、故事に明るく、歴史上の人物になぞらえて企業を紹介する名物コーナー『企業の志魂(こころ)』の2010年9月19日版に、
弊社が記事掲載されました。

sankei_highwill_100919


≪引用≫
(蜀の名家馬氏)には五人の息子がいた。
みんな字に常という字がついていたため、馬氏の五常と呼ばれた。
五人の兄弟はそれぞれ優秀で、郷党の間に評判となっていた。
中でも三男の馬良が一番優れていたため、
人々は「馬氏の五常はみんなよくできるが、白い眉をした良が一番だ」
ともてはやした。
 
以来、同類の中で最も傑出したものを「白眉」と評し、
信用を裏打ちする言葉として、今に伝えられている。

株式会社ハイウィル(代表取締役社長・稲葉高志氏)は、
1919年創業の瓦専門工事業を基点とする業界白眉。
200年住宅「HABITA」の新築設計及び施工と
一戸建て住宅の増改築・模様替えの設計及び施工で、
その卓越の技を発揮してきている名匠であり、業界常識の一歩先を行く先覚派企業だ。
 
「施主支給」という独自のビジネスモデルを確立し、
株式会社リブウェル(社長=同)というグループ会社で果敢な普及に取り組む。
施主自ら直接住設機器などを購入し、工務店には施工だけを任せるシステムであり、
住宅の総工費の大幅カットが実現できる画期的な考え方である。
 
まさに住宅の流通体系を打破した21世紀型の会心手法と言えよう。
91年の歴史、4代に渡って受け継がれてきた挑戦者精神と進取の気概、
「忘己利他」の姿勢。時は今、インターネットという天の時をも味方にして、
「施主支給」への注目度は高く、まさに業界の白眉はその輝きを増している。
 
                                                      上記全文引用

 
弊社を業界の『白眉』と評していただきました。
非常に有難い言葉をいただき、この言葉の力に負けないよう
今後も利他行に専念していきたいと強く考えております。


施主支給でNo.1【100or10.com】

▼リンク
Return Top