住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

施主支給のコツとは

施主支給は施主(建て主)と建築会社(工務店・ハウスメーカー・リフォーム店など)と施主支給会社(販売会社)の3者が同意のもとに可能となります。
その一つでも同意がない場合は、施主支給をすることはできません。

また、契約後にむりやり施主支給の話をもっていったり、建築会社に強要するものではありません。あくまでも「より良い住まいをより安く」手に入れるための、手法です。
以下の順序で施主支給をご理解頂き、ご利用下さい。

1.建築会社に施主支給の許可をとる
施主支給をご利用の際は、「商品は自分で用意しますので商品分は見積から除いてください」と施工会社(ハウスメーカー・工務店・リフォーム会社など)に事前に施主支給を利用することをお伝えください。現在では、ほとんどの工務店が受け入れてくれるようになっております。
しかし、施主支給を受け付けない工務店があるのも事実です。ご契約前には必ず施主支給が可能かどうかの確認が必要です。

※建築会社がお決まりでない方は、弊社提携の施主支給を快く受け入れる会社を無料でご紹介します。
 >>新築一戸建ての方はいい住まいNAVIへ
 >>リフォームの方は施主支給deリフォームへ


2.施主支給する範囲を明確にしておく
住宅設備・建材にかかわる全ての材料を施主支給にするのか、一部の商品だけ施主支給にするのか、そしてそれは何なのかをはっきりさせておくことが重要です。 すべての材料を施主支給する場合は建築家に依頼するか、そういうシステムを最初からとっている会社に依頼すればよいでしょう。

※建築会社がお決まりでない方は、弊社提携の施主支給を快く受け入れる会社を無料でご紹介します。
 >>いい住まいNAVIへ
 >>リフォームの方は施主支給deリフォームへ

3.責任の分担をはっきりさせる
施主支給が可能である場合も、工程の中で、トラブルを回避するために工務店(ハウスメーカー、リフォーム会社)を支給会社がどこからどこまで施工や責任を請け負うかを明確に区別することが必要不可欠となります。



4.商品の選定をする
あらかじめ決められた中から選択するのは簡単ですが、多くの種類の中から自分で選ぶのは時間がかかる作業です。メーカーのショールームに足を運んで、カタロ グの請求をするのも自分でやらなければなりません。選んだ設備機器が現場に取り付けられるかどうかも、実際に工事を請け負う担当者に確認してもらう必要があります。そうした手間と労力をかけられるかどうかもよく考えてください。
自由に選べて安くなる施主支給について、メリットが強く感じられたなら、是非トライしてみて下さい。


いかがですか。施主支給は必ずしもメリットだらけ、ではありません。自己責任もありますし、手間もかかります。ですが、施主支給は手間をかけた分の感動とコストダウンできるという大きなメリットがあります。

自分には無理そうだ、、、と思ったら辞めるのも一つです。
やってみたい!と思ったら検討してみましょう。
あくまでも目的を明確に持って家づくりしていきましょう。
Return Top