住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

システムキッチン5日間夏季講座 第3日目

施主支給実績No.1の住まい百貨店の大谷から、夏休みシステムキッチン特別講座を5日間お届けいたしております。

 

 

第3日目は「キッチンの動線とレイアウトプラン」

 

 
キッチンの動線って何だか解りますか?

 
キッチンの中で調理中にいかに効率良く動けるか、作業をするのに移動する距離のことですが、理想はある程度短い距離です。

 

 

極端に短いのは、単にお台所が狭い、ということになってしまうかもしれませんが、効率を考えると1~2歩で目的地に着くのが良いと思います。

 
広いキッチンでのびのびと動いて、というのが夢であればそれもよろしいと思いますが、広いキッチンでも主要の箇所に関しては近くに設置するのが良いでしょう。

 

 
イメージは冷蔵庫から食材を出して、洗って、切って、加熱して、盛り付ける、という動線をあまり移動しないでできると使い勝手はよくなります。

 

 
重たい鍋や、熱いものを持った時は短距離で移動したいですよね。

 

 

この動線はシステムキッチンのレイアウトプランにより変わります。

 
I型キッチンであれば直線上になり、L型キッチンやⅡ型キッチンは冷蔵庫、加熱機器、シンクの間で三角形の形をした動線が生まれます。

 

 

最近のシステムキッチンレイアウトの主流は対面型キッチンが多いです。

 

 

この場合はキッチンを正面にして、背面側に冷蔵庫とカップボードが設置される場合が多く、この中で動線を考えます。

 

 

今なぜこの対面型が多くなったかと申しますと、その原因のトップは人気だと思われます。

 

 

以前も対面型はありましたが、最近はカウンターの奥行きを多くしてフラット対面型が多くなりました。

 

 
従来の対面型は、建築側で腰壁を造り対面キッチンとしてレイアウトされてました。

 

 
昔のキッチンは北向きの外壁向きで完全に孤立型。

 

家族との会話もできず、夏暑く、冬はものすごく寒い、というそんなキッチンでしたね。

 

 
それがいつの日か、システムキッチンは中心側に向くようになり、家の中の部位でもメインになってきました。

 

 
リビングとダイニングとキッチンが一緒になった住まいが多くなった今使い勝手の良い動線を意識した、キッチンプランニングを計画してくださいね。

 

 

 

施主支給の住まい百貨店はこちらです。

Return Top