住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

システムキッチン比較


http://image.blog.livedoor.jp/tanablog/imgs/9/5/954ef6a8.jpg
憧れのキッチンを実現したい!


昔の台所と違って、いまやキッチンは「食を楽しむ」ための空間として位置づけられ、その快適さが追究されるようになっています。

食事を作る時間も含めて快適に楽しんでしまおうという発想ですね。

家族構成やライフスタイルも考慮しながら、憧れのキッチンを実現しましょう。


★オープン型(ペニンシュラ型)
キッチンとリビングダイニングを壁などで仕切らず、オープンな空間としているタイプです。コミュニケーションを大切にする家庭、団らんの時間を充実させたい家庭に好まれます。つねに視界に入るので、片付け上手な方におすすめです。

★セミオープン型
キッチンとリビングダイニングが、カウンターや吊り戸棚などで軽く仕切られたタイプ。対面式やカウンター式などがこのタイプです。カウンター越しに家族の顔が見えますが、調理中の手元の様子は見えません。
ただし、キッチンとダイニングを完全に仕切れないので、ニオイや煙が流れる
といったこともあります。


★クローズド型(独立型)
キッチンとリビングダイニングが壁で仕切られているタイプです。
調理中は家族との会話は困難ですが、調理に集中できます。
ニオイがリビングにもれにくいので、頻繁に料理をする人、本格的な料理を楽しむ人、来客の多い家庭にはおすすめです。
また、キッチンの整理整頓が苦手な人にはぴったりです。


次に、キッチンの形で分類してみましょう。

★I型

キッチンセット(ガス台、調理台、シンク)が一列に並んだ、
もっとも単純明快な形です。作業がしやすいのですが、あまり長いと横の作業動線が長くなります。




★II型
I型キッチンセットを平行に2列に並べるレイアウトです。


★L型

キッチンセット(シンク、調理台、ガス台)がL字型に並んだタイプ。
コーナーの収納部(カウンター下と吊り戸棚)の使い勝手を考えながらシステムキッチンを選びましょう。



★U型

キッチンセット(シンク、調理台、ガス台)がU字型に並んだタイプ。
スペースにゆとりのあるキッチンに向いています。作業しやすく、複数の人での
作業もスムーズです。


★アイランド型

キッチンの中央にキッチンセットで
アイランド(=島)をつくったタイプ。複数で調理する機会や、カジュアルなパーティを楽しむ機会が頻繁にある家庭におすすめです。





システムキッチンを選ぶポイントは?

システムキッチンと言っても、グレードはいろいろ。
手頃な価格の簡易型と、少し高価ですが自由なレイアウトが実現できる部材型があります。

★簡易型
ある程度用意されたパターンの中から選ぶ方法です。
扉のカラーやシンクの形が複数ラインアップされている他、間口も150ミリモジュールサイズで1500から3000ミリ程度まで揃えているものが多いようです。


また、ニースペース付や調理加熱部分が一段下がっているなど、高齢者に配慮したタイプも用意されています。



■車椅子でも炊事できるニースペース付

機器類もバリエーションが豊か。IHクッキングヒーターや食器洗い乾燥機などのオプションも多彩にそろっています。


★部材型
シンクやビルトイン機器など、さまざまパーツが組み込めます。
扉材などのバリエーションは豊富。収納パーツはかなり小さな隙間でも対応できます。L、D、K、さらにはユーティリティまで、住む人の生活シーンに合わせてトータルに設計・提案できるタイプです。

いずれも、費用の注意点として、既存キッチンの解体費用、
取り付け費、ガス・水道・電気工事費などがかかることを忘れずに。



http://image.blog.livedoor.jp/tanablog/imgs/a/c/ac43ef96.jpg


キッチンの場所や形って変えられる?


キッチンの場所や形を変えることは、可能です。

条件として、
★排水の勾配がとれること
★給水・給湯の配管、排気工事が可能であること
の2点をクリアできれば、どんな位置へも移動できます。

昔ながらの流し台からシステムキッチンにする場合、
これらの工事が必要です。



ワークトップ(天板)を替えたい!

JIS規格では、ワークトップの高さは80cm、85cm、90cm、95cmの4種類となっています。

標準的な製品では、85cmを中心に80cmから90cmまで調整が可能なキッチンが多いようです。
使いやすい高さの目安は、身長÷2+5cmの計算式で求めることができます。



ワークトップの奥行きについては、60cmから75cmまで、ペニンシュラ型になると100cm以上のものもあります。 
ワークトップの種類はステンレス、タイル大理石、人造大理石などから好みで選べます。


★ステンレス
・ 熱に強い
清潔で手入れが楽本格的に料理をする人に特に向いているキズが目立ちにくいエンボスタイプと、ヘアラインタイプがある


★人造大理石
・ 質感、高級感がある最近は熱にも強く、シミも付きにくくなった


★天然大理石のタイル
・ 質感、高級感があるつねにヒンヤリしているので、粉をこねる料理に便利


お手入れが簡単なキッチンって、どれ?

お手入れ優先のキッチンづくりのポイントをまとめました。
★天板をステンレスにする
 汚れ落としが簡単で、いつも磨いてさえいれば大丈夫!
★コンロ廻りの壁面は不燃加工のパネルにする
 見た目が美しく、目地がなく、毎日のお手入れが簡単。
 タイルより施工もカンタンで安い。
★扉はコーティング仕上げのものを選ぶ
★ゴミの収集場所を考えておく
 独立したゴミ箱はキッチンでやけに目立つもの。
最近は、オプションとして、シンクの下や収納カウンターの下をオープンにして
キャスター付ゴミボックスをセットするものがありますのでそれを利用するのも
よい方法です。



使いこなせる収納を選ぼう

奥にしまってあるものが取り出しやすい、“引出し式”の収納が人気です。
上部の収納には、手元まで引き下げることができる昇降式のものもあります。


収納庫には、壁付けタイプ、間仕切りタイプ、家電収納タイプなどがあり、扉のカラーやデザインも
Return Top