住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

パナソニック エコキュート


パナソニック専門館オープン記念特集記事

【PR】トクラス人造大理石キッチンで安くリフォームしたい方はこちら システムキッチンの販売施工

【PR】貰いそびれている火災保険金を受け取りませんか?台風・大雪・地震の物件被害調査プログラム

パナソニック エコキュート

エコキュートの良さは
CO2の排出量を抑えてお湯を沸かすことができる。
少ないエネルギーでたっぷりお湯が使える。
高効率&夜間電力(PM11:00~AM7:00で昼間の約1/3の電気代)で電気代がおトク

電気代がおトクだといわれても実際に使うとなると知りたい事がたくさん。

実際に家庭内で利用されている光熱費の内訳は冷暖房24%、照明・動力37%、厨房用6%、給湯用31%と給湯に約30%使用していることがわかります。
ランニングコストの部分では、エコキュートのヒートポンプ給湯器を1とした場合、石油給湯器がヒートポンプに比べて4倍、ガス給湯器は6倍かかります。また、電気代も月平均約1,000円と比較しても割安感がはっきりしています。(パナソニック調べ)

また、エコキュートを使うことで温暖化を防ぐ手助けにもなり、「エコキュート導入補助金制度」を利用することによって導入補助金を受けることも可能です。

エコキュート導入補助金制度について、詳しくは「日本エレクトロヒートセンター」のホームページをご覧下さい。

【パナソニック エコキュート】

【パナソニック エコキュート】エコキュートとは?

【エコキュートのしくみ】

エコキュートと燃焼式給湯器の大きな違いは、燃焼式では火力で水を直接暖めることによりお湯をつくりますが、エコキュートは大気中の熱を集めてお湯を沸かすというところにあります。
簡単にいうと、ヒートポンプユニット内に大気を取り込み、大気に含まれる熱を吸収圧縮し、吸収した熱を利用してお湯を作る装置です。クーラーは冷やす装置ですが、これを逆回転させた装置といえます。

【パナソニック エコキュート】パワフル高圧エコキュート

【3階でのお風呂&快適シャワーを実現】

給湯圧力を従来の1.6倍に高めることで2階3階のお風呂や勢いのある快適なシャワーを実現しています。
また、1つのエコキュートで「お風呂」「キッチン」など同時に違う温度のお湯を使うことができます

【全自動から手動のシンプルタイプまで選べる3タイプ】

選べる給湯器のタイプは、「お湯はり」から「たし湯」まで全自動で行なう「フルオート」。「お湯はり」が自動で、ワンタッチで「さし湯」ができる「セミオート」。基本的な給湯器として利用できる「給湯専用」の3つあります。
「フルオート」と「セミオート」の違いは「フルオート」はお湯はり、保温、たし湯が自動で行なわれ、追い炊きがワンタッチででき、「セミオート」フルオートのように自動で保温を行なわない代わりに「高温さし湯」「たし湯」がワンタッチで行なえます。

【台所用リモコンと浴室用リモコン】

1日に沸かす湯量は「おまかせ節約」「おまかせ」「たっぷり」「深夜のみ」の4パターンが選択でき、1日あたりの使用量、前日の使用量、1日の使用パターン、1週間、平均などが表示可能で節約にお役にたちます。
また、台所用リモコンと浴室用リモコンかんで通話ができるコミュニケーションリモコンもあります。
お子様のいる家庭では浴室用リモコンにロック機能もついているので安心です。

他にも湯冷めしにくい「酸素入浴機能」やお風呂のお湯を抜くたびに配管を洗浄してくれる「オート洗浄」、最大20畳まで可能な「床暖房」や寒い季節などに予備暖房、ホームサウナとしても使える「iミストシャワー」も付けることが可能です。


いかがでしょうか。

パナソニックならでは、というところもありますね。
エコキュートは、今、とても人気なのはご存知のとおり。
各メーカーもしのぎを削って開発競争していますが、カタログやホームページで目星をつけたら、パナソニック エコキュートもショールーム(ショウルーム)で一度相談いただくと良いでしょう。

施主支給は商品選定を自由にできますが、当然選んだ本人の自己責任で決定しますので、高額商品となるエコキュートも是非、深くまで研究して選ばれると後悔しません。

エコキュートの商品選びでお悩みのことがありましたら、施主支給の住まいショップまでご相談ください。無料相談・無料お店紹介サービスも好評受付中です。


◆パナソニック エコキュートをご検討中の方に役立つプチリンク集

Return Top