住まい百貨店

より良い住まいでより豊かな暮らし。

施主支給の本を無料ダウンロード提供中!

キッチンフードの整流板って何のため?

住まい百貨店ではシステムキッチンが最も人気が高く、売れている商品です。

そのシステムキッチンのレンジフードを見ると、煙を吸い込む場所にパネルが1枚付いているフードがありますよね。通常のフードは金属製のグリスフィルターが2枚か3枚見えるところです。

あれ、何だと思いますか?

何のために付いているのでしょうか?

実は整流板という名前の意味の通り、流れを整える板なのです。

そのままじゃないですか!とつっこみがありそうですが、これが答え。

調理において煙がフードに上がったところで、この整流板にあたり、面に沿って周りに煙が流れフードに吸い込まれていく、というようになってます。

こんな板など無くして、従来のグリスフィルターだけのほうが、ダイレクトに煙を集められるのではないかと思われますが、実は違うのです。

大量の煙などは特にそうなのですが、フィルターにあたり、跳ね返ってしまい、フード本体の外に出てしまいます。

この整流板があると、整流板にあたった煙は周りへ流れます。

フードと整流板の間には、少しの隙間が板の周りにあり、煙はここから吸い込まれます。

この少しの隙間がキーポイントです。

窓を少しだけ開けると、勢いよく風が流れると言う経験があると思いますが、この原理がこのフードに付いてます。

隙間風現象と言いますが、これにより排気効率が良くなっているわけです。

一見じゃまに思える整流板があることにより、排気効率がグンと上がっているということです。

さらにフードの外に逃げた煙も、フード本体の外側に付いた吸い込み口から排気するので完璧です。

Return Top